FXの利益には納税義務がある?

 

FXというのは為替取引で儲ける手段なのですが、「儲ける」ということはお金が入ってきて収入になるということです。

 

収入といえば税金の問題になってきますが、FXで得た利益に納税義務は発生してくるのでしょうか?それについてお話しましょう。

 

FXで負けたらお金が無くなるのですから納税義務は発生しません。

 

勝った場合はお金が収入として入ってくるので、税金がかかる場合があります。

 

ではどのような場合に税金がかかるのでしょう。

 

まずサラリーマンなどの自己の収入がある場合は、20万円以上の儲け(収入)で税金がかかってくるといいます。

 

そして専業主婦などの自己の収入が無い方は38万円の儲け(収入)から納税義務が発生するのです。

 

これはもちろん確定の利益に納税義務がかかるのであって、儲けのポジションを保有しているだけでは納税義務は負いません。

 

ですから、自分で利益を確定させた時点で収入となり納税義務を負うことになるのです。

 

納税義務を負うことになれば年度末に自ら申告をキチンとすることをオススメします。

 

もしキチンと納税をしなければ脱税の罪として犯罪者になってしまうからです。

 

納税をする際FXの所得は雑所得となることを覚えていてください。

 

そう簡単に儲ける事ができるわけではないFXですが、収入となれば働いて儲けるのと何ら変わりが無いので、国民の義務として儲けた分は納税する義務を負うことを認識して、自己申告でキチンと税務署に申告する様にしましょう。

FXに興味のある方はこちら

バイナリーオプション初心者の規制後の戦略は?【規制攻略テクニック!】
バイナリーオプションとは円高か円安かを予想するだけの簡単な金融商品。リスクが決まっていて少額投資ができるので注目されています。このサイトでは、攻略法や上手な業者選びをサポートしています。
www.optiontorihiki.com/